相場状況の変化に合わせて一番適した投資術を臨機応変に選ぶべき

株の投資は負けの回数よりも勝てるエントリーの回数を増やすことに成功すれば、個人でも簡単に儲かるのでスキマ時間でもやれる仕事に興味がある人に試してほしいです。保有した銘柄が上昇するのを長期間かけて待つスタイルの投資をするのならば、市場が開いている間ずっとチャートの前にいる必要はないです。そのため、投資チャンスを探すための時間の余裕が十分にないと感じるトレーダーはスキャルピングよりもスイングトレードを選んだ方が満足できます。勝率の高いトレードをするために必要なテクニックについて詳しくなれば、素人では難しい局面でも問題なく投資に向く銘柄を探し出せます。投資が苦手な人はセンスがないのではなく知識を得るための努力が十分ではないことがほとんどです。研究に使う時間が少ないせいで感情に左右された投資判断を繰り返してしまうといった間違いは避けるべきです。初心者が投資を始めたときに失敗してしまいがちな事例をトレードの前に知っておくのはよいことです。初歩的な失敗を未然に防ぐために必要なスキルの習得をした状態の投資家になればリスクの少ないエントリーを自然にできるようになります。株価が上下のどちらの方向に動くのかを予測するのは簡単と思う素人がいます。しかし、実際に自分の資産から投資金を出してトレードをすると焦ってしまって予想があまり当たらないことがありがちです。計算通りに利益を出せないことがあるのが普通なので落ち込む必要はまったくないです。頑張ってチャート分析をしたので自信があったエントリーだったのにマイナスの結果になってしまっても諦めないことが大切です。
想像以上の損失が出た際にはトレード手法を別の物に変えるなど臨機応変に対処することが肝心です。トレンドを分かる技術を持っていない人が安易にやりがちなのがナンピンを何度もやり続けることです。予想とは逆に動く相場になってもナンピンを繰り返せば儲かるチャンスがあると思い込むのは危険な投資スタイルです。莫大な投資金を用意できる機関投資家ならばかなりの回数のナンピンをできるのでリスクは低いです。しかし、普通の資金量の投資家がナンピンをやりすぎると資金のほとんどを使い果たしてしまって退場する結果になってしまいます。損失が増えやすい投資にならないように工夫することが賢い投資の基本なので投資金を上げ続けるナンピンを過度にやる投資術はおすすめできないです。ただ、ナンピンが有効な相場状況になったときは逆張りを積極的にすると儲けが増える可能性が高まります。例えば、ボックス相場は順張りよりも逆張りがやりやすい相場のためナンピンでもリスクが低いので十分な儲けを出せます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*