Webライターとして月に5万稼ぐ方法

Web ライターとして月5万円稼ぐには。

5万を稼ぐには少ないお金に思えるけどもこれを積み重ねることによって単価の高い仕事も受注することができます。
初めは単価の低いものでも良いので、クラウドソーシングなど使ってすぐに仕事を受注することが可能です。 プログラマーや Web デザイナーは高単価案件が多いですが、すぐにお金にならない場合があります。なぜならまずは勉強する時間が必要、そして受注したくてもライバルが非常に多いので仕事が取れない場合が多いです。
ですが Web ライターの場合はすぐに取れる案件が多いので5万円ぐらいなら稼ぐことができます。
多くの方が不安に思うかもしれないライティング知識なんですけども、まずはいきなりテストライティングを受けてすぐに受注することが一番早い近道です。 勉強してから、スキルをつけてからやるというよりも、実践が一番です。 発注側の人もマニュアルを作っていたりテーマを作っていたりするので初心者でもできるような環境が整っていたりします。
何度も何度もテストライティングを受けて、仕事をしているうちに品質は高くなっていきます。 習うより慣れろの方法を取っていくと最速の学習方法と言えます、しかも収入を得ながら勉強をしていくことができるます。 次に挫折対策、最初 Web ライターとしてやっていくと、こんなに書いたのに意外と単価が低い、と思い挫折しやすい人も多いです。 ですが考え方を変えて最初のうちだけ低単価のものを受けて行けば良いのです、 SNS や Web サイトを作り自分のスキルをブランディングしていきましょう。 後は経験をしてことで早く書くことができるようになります。
次に Web ライターとしての将来性。
Web ライターと言うとなんとなく暗いイメージがあり、ブログやユーチューバーの方が華やかなイメージがあるけどもウェブライターの魅力に気づいて欲しいです。 まずは SEO の知識が身につく、ライターはもちろんブログ書くこともできるしウェブサイトが作るときもスキルの高い状態でテキストを書いていくことができます。 Web ライターをやっていれば SEO の勉強をやっていると考えながら、将来につなげることがとても大事な思考だと思います。
次にやってはいけない事。受け身の仕事はしてはいけないと思います、つまり言われたことだけをやる人。やるのであれば自分の色を入れたり提案をしてみたりすると将来的には高単価なの仕事ができると考えられます。
最後に仕事の探し。まずはクラウドソーシングで素早く探していきましょう。
ランサーズの場合はライティングの仕事を簡単に見つけることができます、仕事探しはプロジェクトで、後は記事数を10本20本30本、文字単価1円から絞り込みで探していくと良いでしょう。 積極的に提案をしてたくさん仕事を取っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*