副業には、インターネットを
利用する方法と利用しない方法があります。
ここでは利用する方法を紹介します。

インターネットを利用し副業を始めようとしても、
初めての人は、どのような副業があるのか分かりませんね?
このような場合、
クラウドソーシングのサイトに登録すると、
色々な仕事の種類は内容などが分かり、
インターネットを利用した副業の種類全体が把握できます。

それでは実際に大手クラウドソーシングサイトで
発注されている主な仕事を紹介します。

1、アンケート
クラウドソーシングの仕事の中では最も簡単な作業で
誰でも出来ますが単価も安い案件が多いです。

2、情報収集
発注者から指定された単語などを検索し、その情報をまとめる作業になります。
パソコンなどで検索が出来れば誰でも出来る作業です。

3、データー入力
情報収集と殆ど同じ作業になりますが、
情報はエクセルなどに記入することが殆どです。
案件によっては2万件の情報などを入力する作業もあり
1人では納期期限までに終わらない作業もあります。
また、コピペできる情報ならいいのですが、
PDFのカタログなどからの、
コピペ出来ない情報の記載は時間がかかります。

4、ネットショップへの商品出品代行
アマゾンなどに商品を出品する作業で
長期的に出来る人が求められています。

5、記事作成
主にブログに投稿するオリジナル記事の作成です。
質の高い記事が書ける人は継続的に依頼されることもあります。
また、オリジナル記事を同じ内容のまま、別の文章に書き直す
リライトという作業もあります。

6、広告文作成
主にグーグル広告のキャッチコピーや
商品の紹介の文章の作成です。

7、ネーミング
新発売の商品の商品名や、
新しく設立された会社の会社名を考える提案する作業です。
誰でも考えて応募することは出来ますが、
すでに存在する名前を避けなくてはなりません。
単価は高いですが応募数も多数で採用される可能性は低いです。

8、ロゴ作成
商品のロゴや会社の商標などのマークの作成です。
フォトショップなどが使えるデザイナーの仕事です。

9、サイト作成
会社やショップのウェブサイトの作成です。
最新の流行のウェブデザインだけではなく、
SEO対策も求められます。

10、翻訳
海外のサイトなどの翻訳です。
日本語に翻訳する場合など、
翻訳ツールによる機械的な翻訳より、
自然な日本語に訳すことが要求されます。

11、アプリ開発
プログラミングのスキルが必要である為、
スキルの無い人には出来ませんが高単価です。

以上が、
クラウドソーシングサイトで発注されている
主な仕事の種類と内容の紹介になります。