株式投資は自分自身の資産を運用することもありリスクがあることも考えられます。 自己責任の範疇なので、あらかじめ様々な準備、学んだ上で始めることが重要です。実際に株式投資を始める際の心得について簡単に挙げていきたいと思います。 まずは自分自身が投資可能な金額を確認することからです。冒頭に記載した通りリスクがある以上、自分自身のライフプランに影響のある資金を投入する事は非常に危険です。あくまでも余剰資金があり、仮にリスクがあった場合でも生活に支障がないと言う範疇で投入すべきだと思います。まずは投資できる金額を決めることが最初の心得です。 次に、最低限の知識を身に付けることです。株式投資を行うためには通常の証券会社とインターネット証券があります。 ある程度知識があるのであればインターネット証券で口座を開いて、手数料がより安く利用できる方がメリットがあるかもしれません。しかしながら初心者がそれほど頻繁に売買を行うこともないと思うので、店舗などで質問が行いやすい一般の証券会社を選択することも良いかもしれません。周囲に詳しい方がいれば問題ないのですが手続き等で不安な場合は一般証券会社を選ぶ方が無難かもしれません。 次に、株価の見方です。最低限でも企業を調べる際には売り上げだけではなく株主資本利益率やバランスシート、今後の事業展開、配当等はきちんと見ておくべきだと思います。さらにチャート分析を行い自分自身が投資するにはどのようなタイミングで投資すべきか、決めておく必要があります。そして何よりも重要なのはチャート分析を行った結果、損切りをどこで行うか決めることです。株価が下がってもダラダラと保有し続けるのではなくどっかのタイミングで得ると言うことも重要です。それを最初から決めておくことが重要なのです。また株価が上がった場合でもどこまで上がるかはチャート分析を行っていれば何となく見えてきます。売り時を逃して、株価が下がってしまうと元も子もありませんので。 本当に正直な話ばかりかもしれませんがプロであっても、このような店を分析しつつ株価の変動を予測しているわけです。まずは最低限の知識を身に付けた上で投資を始めることをお勧めしたいと思います。自分自身の資産を運用している以上は少しでもリスクを減らすことがポイントになってきます。 誰もが運用益を得られるわけではありませんのでリスクを考えつつ投資を始めましょう。 誰もが運用益を得られるわけではありませんのでリスクを考えつつ投資を始めましょう。