個人が行える投資ビジネスと言うと、株取引をイメージする人が多いです。実際に株取引から、投資ビジネスを始めた人は少なくなかったりします。ですが国内の株式市場というのは、平日の午前9時から午後3時の間しか開いていません。そのため会社勤めをしている人は、基本的に本業で忙しく働いている時間と丸かぶりしています。だからこそリアルタイムでトレードするのは難しいので、会社員が副業として株取引を行うのは実はおすすめではないです。
会社員が副業として行うなら、株取引よりもFXをおすすめします。FXは、世界中の何処かの市場が開いていれば取引を行う事が出来ます。お陰で平日は基本的に24時間何時でも取引可能なので、会社員でも帰宅後の空いた時間にリアルタイムでトレード可能です。この様にFXであれば会社員が副業として、無理なくトレード出来ます。
更に株取引を始めるには、纏まった資金が必要となるのです。それこそ少なくとも数十万円規模でお金を用意しないと、まともに取引が行えませんが、会社員が副業に数十万円規模のお金を用意するのは簡単ではありません。一方のFXにはレバレッジという方法があり、国内口座でも最大で資金を25倍にして投資する事が出来ます。そのため開設する口座によっては、数万円用意するだけでも十分に取引を開始する事が可能です。
加えてFXは買い注文だけでなく、売り注文から入る事も出来ます。そのため相場が下落すると読める局面では売り注文から入り、利益を得る事が出来ます。相場が上昇する局面だけでなく、下落する局面でも稼ぐ事が出来るので株取引よりもチャンスが多いです。なので時間が限られた会社員が、副業として始めるのにぴったりだと言えます。
ただし株取引と同様に、FXでも何となくの直感で売買を繰り返していて勝てる程に甘い世界ではありません。安定して勝つには根拠に基づいた、トレードを行う必要があるのです。もっとも投資初心者が自力で、勝つための根拠を見付け出すのは簡単ではありません。しかもそこを狙って詐欺業者が、甘い誘いを掛けて来る事が多くあるので注意する必要があります。
詐欺業者の手口として多いのが、勝てる手法やツールと称してそれらを高額な価格で売り付けて来る事です。所が実際に購入して試してみると、まるで勝てない詐欺手法や詐欺ツールだったりします。その上厄介なのは、実際に勝てる様になる手法やツールは存在する事です。
詐欺業者の手法やツールの特徴として多いのが、返金を認めていない事だったりします。詐欺業者は売り逃げが基本なので、返金を認めるとそれが出来なくなるのです。なので高額な価格で販売しているのに、返金を認めていない手法やツールには手出しすべきではありません。
更に詐欺業者を回避する方法として、口コミチェックも有効です。ネット上の口コミは実際にその手法やツールを利用した経験者が、評価や感想を書き込んでいます。だからこそ口コミ評価が極端に低い手法やツールは、役に立たない詐欺業者の物である可能性が高いので購入しない様にすべきです。