馬券を買う為の知識

皆さんは、どの様に馬券を買う際の参考にしていますか?やはり強い馬、有名な馬ですよね。2019年度の有馬記念は死角なし、そして圧倒的一番人気に推されたアーモンドアイが惨敗、かく言う私もアーモンドアイから馬券を組み立てていたので負けてしまいました。勝ったリスグラシューは強かったです。しかし、アーモンドアイもリスグラシューも同じノーザンファームの生産馬です。そしてサートゥルナーリア、ワールドプレミアもノーザンファーム生産馬です。現在ノーザンファームの生産馬を買わない選択肢は無いのです。そしてアーモンドアイの馬主、シルクレーシングもノーザン系、リスグラシューの馬主キャロットファームもノーザン系の一口馬主です。馬券を買う際にはこの要素は強く影響してきているのが現在の競馬ではないでしょうか?
面白いデータで有馬記念のアーモンドアイは負けましたが、阪神12Rはシルクレーシングの所有馬が人気薄で勝ちました。やはり馬主の力関係が働いたと邪推してみたりこのように面白いデータもあります。ノーザン系のクラブはシルクレーシング、キャロットファーム、東京ホースクラブ、G1レーシングとそして言わずと知れたサンデーレーシングです。サンデーレーシングは、ブエナビスタ、アパパネ、オルフェーブル、ドゥラメンテ、現在はステルヴィオ、ラッキーライラックやフィエールマンなどそうそうたるメンバーがいます。G1になると何頭か必ず出走するクラブです。馬券を組み立てる上で私はサンデーレーシングやキャロットなどのクラブ馬が同じレースに出て来ると必ず馬券に絡めてます。クラブ側も負けるレースに何頭も出すはずは無いのです。これでクラブ側の思惑を考えて馬券を買う事で勝率を上げています。そしてたまに起こる非ノーザン系を買って高配当をゲットするのも醍醐味です。その列が2018年皐月賞エポカドーロ、2018年日本ダービーワグネリアン、そして脅威の高配当の2019年日本ダービーのロジャーバローズです。3歳馬などのクラシックはまだ実力が格付け出来ずよほど強い馬でないと荒れる傾向があります。この要素も馬券を買う際に参考にして下さいまたローカルのG3クラスは比較的に荒れる傾向があります。先程紹介したノーザン系は大きなレースの勝利を目的としています。新潟や小倉などはあまり重要視していません、この事を参考に2020の馬券を買ってみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*